金融・保険業の外資系企業の特徴(社風)

MENU

金融・保険業の外資系企業の特徴(社風)

金融業界や保険業界では、最近外資系企業の名前をよく耳にします。規制緩和で、日本市場にも外資系企業が参入してきています。その中で、外資系企業転職を考える人の話も良く耳にします。しかし、ひとつ気になるのはその特徴と社風です。
日本の企業は昔より、終身雇用や年功序列などといった文化があり、一生懸命働いていれば徐々に給料も上がり、地位も向上するという文化がありました。実力主義といわれる現在でも、基本的な部分はあまり変わっていません。しかし、外資系企業はその文化がなく、徹底した成果主義であることが大きな特徴です。
金融業や保険業においてはこの成果主義が顕著です。保険の契約や融資の契約の件数や金額が多い社員はどんどん出世し給料も上がっていきますが、そうでない人は淘汰されてしまうリスクもあります。
また、ヘッドハンティングといった、引き抜きを行うのも外資系企業の特徴の一つです。往々にして素晴らしい条件を提示されることが多いのですが、これは会社に要求された成果を100%出した時点でのものと考える方が正解です。会社も引き抜いた人材が全て優秀な成果を出すとは考えていないため、必ずしも提示された条件が補償されないのが現実です。

金融・保険業の外資系企業の特徴(社風)関連ページ

建設業の外資系企業の特徴(社風)
建設業の外資系企業の特徴(社風)
製造業の外資系企業の特徴(社風)
製造業の外資系企業の特徴(社風)
不動産業の外資系企業の特徴(社風)
不動産業の外資系企業の特徴(社風)
サービス業の外資系企業の特徴(社風)
サービス業の外資系企業の特徴(社風)
小売業・飲食店の外資系企業の特徴(社風)
小売業・飲食店の外資系企業の特徴(社風)
運輸・通信業の外資系企業の特徴(社風)
運輸・通信業の外資系企業の特徴(社風)