外資系 企業 転職

MENU

外資系企業転職と口コミ体験談

外資系企業は実力主義なのか

外資系企業の数も日本で増えて来ており、現在では人気の職業の一つとなりました。しかし外資系企業転職へのイメージとして日本企業とは違って実力主義なのかといった点があげられますが、実際はどうなのでしょうか。

 

日本企業では古くから年功序列制度と言われたり、終身雇用等といった企業体型を持つ企業が多く有りました。
しかし現在ではそういった制度も減少して来ましたが、まだまだ古い日本企業等に見られる企業体型です。
しかし外資系企業ではそういった企業の特徴を持っている所は少なく、実力主義を持つ企業が実際多くなります。
実力とは数字等の結果や、各々が持つ経験やスキルといったその企業で本当に活躍出来るのかといった点をシビアに判断します。
そしてその実力は給与等に大きく反映される事となり、多くの外資系企業では月収制ではなく年収制を取り入れています。
野球選手の様な年収の増減が実力や結果に現れますので、そういった意味では自身の実力やスキルに自身のある人にとっては非常に良い企業体質なのではないでしょうか。
しかし逆に自分の結果やスキルを発揮する事が苦手な人にとっては外資系企業転職はあまり向いていないかもしれませんので、企業の特徴を掴んで転職は考える様にしましょう。

外資系企業で働くのに英語力は必要なのか

近年人気の職業でもある外資系企業転職。外国企業は様々な業界への日本進出を果たしており、企業数も非常に増えて来ましたし現在も増えています。
転職者には人気のある外資系企業への転職には英語力は必要なのでしょうか。

 

結論から言うと、将来的な昇進を希望するのであれば英語力が必要な場合が多くなります。
主な理由として外資系企業の場合、海外に本社を構えているためその本社への報告やレポートを英語でのメールや電話で行う必要があります。
そういった時に語学力が無ければコミュニケーションを取る事が困難なため、語学力が必須となって来ます。
その他にも海外から日本への視察へ来られる時の対応をしなければ行けない場合があり、そういった時ももちろん英語での会話となる事が多くなります。
外資系企業転職には日本だけではなく海外への異動や転勤も考えられますので、そういった時にも語学力は必要となります。
しかし外資系企業に勤めている日本人がすべて語学力があるのかと言うとそういった訳ではありません。
日本の顧客への対応や、雑務等の業務では語学が無くても出来る業務もありますので、英語力が無い人はそういった業務からスタートする事も考えられるでしょう。

転職エージェントを利用する

外資系企業に転職したいと考えた時に転職エージェントを利用するのも一つの方法です。
というよりも私は利用したほうがメリットが多いのではと思ったりもします、
ある程度キャリアがあるのであれば自由に選択する立場にあると思います。
そういった方には転職エージェントの非公開求人などを紹介してもらうのも良いのではないでしょうか。
好条件であったりすることもありますし普通には出てこない求人ですので紹介してもらっても損はないのではないでしょうか。
他にもいろいろとメリットがあると思います。
転職エージェントに興味のある方はこちらの外資系転職エージェントランキングなどを参考にしてみてはどうでしょうか。